[PR]

 岸田文雄外相は7日の閣議後の記者会見で、日本の中学校教科書の検定結果に韓国が抗議したことについて、「竹島問題や歴史認識についての我が国の立場は一貫しており、韓国の抗議は受け入れられないと(韓国側に)応答をした」と述べた。

 文部科学省が6日に公表した検定結果では、日韓間で懸案となっている竹島や慰安婦などの問題について、各社の教科書で政府見解を反映した記述が増えた。韓国政府は同日、「不当な主張を強化している」などと非難し、日本の別所浩郎・駐韓国大使を外交省に呼んで抗議。その際、別所氏が「抗議は受け入れられない」と伝えた。

 岸田氏は「教科書検定は民間の発行者が著作・編集した著書について学習指導要領等に基づいて公正、中立に行われるもの」と強調した。

こんなニュースも