[PR]

 群馬県高崎市で女性が硫酸をかけられてけがをした事件で、県警は7日、高崎市山名町、無職北村宣晃(のりあき)容疑者(30)を傷害と器物損壊の疑いで逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

 捜査1課と高崎署によると、北村容疑者は2日午後7時ごろ、高崎市矢中町の商業施設「アピタ高崎店」で、買い物をしていた同県藤岡市の会社員女性(23)に背後から硫酸をかけ、着ていたコートなどに穴を開け、左のくるぶしに軽傷を負わせた疑いがある。

 県警によると、高崎市では同様の事件が他にも起きている。2日午後6時ごろ、JR高崎駅ビル2階で新潟県新発田市のパート女性(44)が被害に遭い、アピタ高崎店では群馬県玉村町の女子大学生(21)も被害を受け、足に軽傷を負ったり、衣類に穴を開けられたりした。6日にも同県渋川市の会社員女性(34)がJR高崎駅の店舗で何者かに液体をかけられ、足に軽傷を負った。群馬県警は6日に防犯カメラの画像を公開。分析結果などから、いずれも北村容疑者が関与したとみている。

 これらの他に県警は、高崎市の女子大学生(20)から、2日に衣類が溶ける被害に遭ったという届け出を6日に受けたことを明らかにした。