[PR]

 群馬県高崎市内で女性が硫酸をかけられけがをした事件で、高崎市山名町の無職北村宣晃(のりあき)容疑者(30)=傷害と器物損壊容疑で7日に逮捕=が特定されたきっかけは、群馬県警が6日に公開した防犯カメラの画像だった。北村容疑者は容疑について「しゃべりません」と供述しているという。

 県警によると、北村容疑者は2日午後7時ごろ、高崎市矢中町の商業施設「アピタ高崎店」で、買い物中の会社員女性(23)に背後から硫酸をかけてコートなどに穴を開けたうえ、左くるぶしに軽傷を負わせた疑いがある。

 2日には、これと前後して同様の事件が3件起きていた。県警が公開した画像は、このうち午後6時ごろ、JR高崎駅ビル2階で新潟県新発田市のパート女性(44)が被害に遭った事件についてのもので、黒いバッグを提げた20~30歳代の男が映っていた。

 県警が公開すると、北村容疑者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら