[PR]

 成田空港に8日、格安航空会社(LCC)専用のターミナルがオープンした。同空港では三つ目のターミナルで22年半ぶりの新設。24時間利用できる休憩スペースを備えるなど、早朝便も多いLCCに対応している。

 オープンの午前3時半には、他のターミナルで夜を明かした人や深夜バスで到着した乗客ら約100人が並び、「オープンです」とアナウンスが流れると拍手がわき起こった。

 新ターミナルは、最寄り駅のJRと京成電鉄の「空港第2ビル駅」から徒歩で約15分。建設費を抑えるため、天井は仕上げをせずむき出しで内装は簡素だが、午前4時開店のフードコートや、横になれるソファベンチを100席以上置くなど、客の利便性を高くしたという。また、家電、銘菓、ファッションなどを扱う総合免税店は680平方メートルあり、成田空港で最大の面積となる。

 花見で来日していた台湾の施祐宗(シーユーツォン)さん(34)は、新ターミナルを見るため日程を変更。500メートルある連絡通路について「寒かったので暖房が欲しい。荷物が多いので大変」。一方で館内は「関西空港のLCCターミナルと比べて、カラフルでおしゃれ。ソファベンチも横になれて良い感じ」と話した。前橋市の会社員、池田宏美さん(33)は「24時間使えるので早く来ても安心。ローコストで簡素だけど、きれいなので気軽に使えそう」。

 専用ターミナルを新設したのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら