[PR]

 フィリピンで買春した少女の写真を撮影したとして、横浜市立中学校の元校長が8日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノの製造)容疑で逮捕された。元校長は神奈川県警少年捜査課などの調べに、「自分の思い出として撮っていた」と供述。買春したのべ1万2千人以上の女性の写真を14万枚以上、撮影して保存していたという。

 横浜市金沢区富岡西1丁目に住む高島雄平容疑者(64)は、マニラのホテルで昨年1月、13~14歳くらいの少女とわいせつな行為をしている様子など11枚の写真をデジタルカメラで撮影し、SDカードに保存していた疑いで逮捕された。

 1988年から3年間、フィリピンの日本人学校に勤務。帰国後は横浜市内の中学校で校長などを歴任した。県警によると、「現地に派遣されていた当時から買春を始め、帰国後も春、夏、冬の長期休暇に買春目的で渡航していた」と供述。計65回の渡航歴が確認されているという。

 この間、現地で10代から70歳くらいまで、のべ1万2660人の女性を買春したと説明。「うち1割は18歳未満だった」という。「仕事のプレッシャーが強ければ強いほど、倫理観のたがを外すことで解放感を味わえた」と動機を話しているという。

 買春した女性の名前や支払った金額、感想などを記録。撮影した写真は14万7600枚にのぼり、約400冊のアルバムに番号をふって保存していた。10人ほどの女性が一緒に写ったものもあった。「女性は現地で紹介され、代金が安いと思った」と話しているという。(興津洋樹)