[PR]

 沖縄県の翁長雄志知事は11日から15日まで、日本国際貿易促進協会(会長=河野洋平・元衆院議長)の訪中団とともに、北京を訪問する。日中の観光促進などについて中国要人らと意見交換する見通しだ。翁長氏の海外出張は昨年12月の知事就任以来初めてで、中国人観光客の増加を目指す。

 日本は中国と尖閣諸島(石垣市)をめぐって緊張が続いている。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する翁長氏の中国訪問は、「中国寄り」との批判を呼ぶ恐れもある。(山岸一生)

こんなニュースも