[PR]

 平岡は膳(ぜん)の上の肴(さかな)を二口三口、箸(はし)で突っついて、下を向いたまま、むしゃむしゃいわしていたが、やがて、どろんとした眼を上げて、いった。――

 「今日は久しぶりに好(い)い心持に酔った。なあ君。――君はあんまり好い心持にならないね。どうも怪(け)しからん。僕が昔の平岡常次郎(つねじろう)になってるのに、君が昔の長井代助にならないのは怪しからん。是非なり給え。そうして、大いに遣ってくれ給え。僕もこれから遣る。から君も遣ってくれ給え」

 代助はこの言葉のうちに、今の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも