[PR]

 代助は盃へ唇を付けながら、これから先はもういう必要がないと感じた。元来が平岡を自分のように考え直させるための弁論でもなし、また平岡から意見されに来た訪問でもない。二人はいつまで立っても、二人として離れていなければならない運命を有(も)っているんだと、始めから心付(こころづい)ているから、議論は能(い)い加減に引き上げて、三千代の仲間入りの出来るような、普通の社交上の題目に談話を持って来(き)ようと試みた。

 けれども、平岡は酔うとしつこくなる男であった。胸毛の奥まで赤くなった胸を突き出して、こういった。

 「そいつは面白い。大いに面白…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも