[PR]

 日野、小金井、国分寺の3市が進める可燃ごみ共同処理施設の建設計画について、日野市の市民団体「ごみ問題・監査請求をすすめる会」の市民9人がこのほど、公金の支出は不当とする住民監査請求を同市に起こした。3月31日付で受理され、60日以内に監査委員が判断を示す。

 請求書によると、周辺住民の同意を得ずに計画を進めた公金の支出は不当だとしている。

 同会は、1月にも約1万人の署名を集めて建設の撤回を求める監査請求をしており、現在監査中となっている。