[PR]

 日産自動車と海洋研究開発機構などは9日、車を見下ろした映像で駐車を助ける日産の「アラウンドビューモニター」技術を使った海底探査機を共同開発すると発表した。水深3千~7千メートルの海底を遠隔操作で走り、レアメタルなどの資源を探す。2018年までに試験機を走らせる。

 車体の四隅にあるカメラの映像を、合成で継ぎ目なく見せる技術。市販車に07年から搭載しているが、車以外に応用するのは初めてだ。視点を変え、探査機の斜め上目線からの画像も合成できるようにする。

 機構は無人探査機「かいこう7000Ⅱ」などを持つが、起伏の激しい海底をはいずり回るのは難しく、海中を泳ぐように探査するしかなかった。新技術を使えば海底を走れるので、地中に隠れた資源を採取しやすくなるという。(湯地正裕)

こんなニュースも