[PR]

 北京・天安門広場の西に広がる金融街と呼ばれる地区。ここで、中国が創設を主導する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の本部とされる建物の工事が進む。年内の開業に向けて、白髪でふっくらとした顔立ちの男性が世界を飛び回っている。

 中国・財務省で次官まで務めた国際派金融官僚、金立群(チンリーチュン)氏。新銀行の臨時事務局長で、初代総裁と目される人物だ。

 金氏は、1949年生まれの65歳。文化大革命の混乱で、青春期の約10年を農村で過ごした。文革が終わって復活した大学入試で北京外国語大学に入り、30歳近くになって英文学を学び始めた。その後、米ボストン大学にも留学し、流暢(りゅうちょう)な英語を操る。理路整然とした能弁ぶりは、米国の金融関係者の間で「あいまいさがなく、理解しやすい」と受け止められている。

 国際機関とは縁が深い。入省後…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも