[PR]

 「私を選挙に連れてって!!」。そんなフレーズで統一地方選の投票率アップを狙った熊本県選管の選挙啓発CMに、女性への配慮が足りないとの物言いが付いた。県選管は「今後十分に配慮する」としている。

 同県議選(12日投開票)を前に、県選管が企画会社に制作させたCMで、告示翌日の4日から地元テレビやネット、街頭ビジョンなどで流している。CMは15秒で、若い女性がフレーズを叫び、微笑する若い男性が振り向くシーンから始まり、男性が壁に手をついて強引に迫るスタイルの「壁ドン」で「期日前投票もあるよ」と告げて終わる。

 このCMについて、熊本大法学部の鈴木桂樹教授(政治学)が8日付の熊本日日新聞の読者投稿欄に「感じ取ってしまったのは『政治はしょせん男の世界』『女は政治にうとく、むしろそのほうがかわいい』というメッセージ」「『女性が侮辱されている感じがした』との声も聞いた」などと投稿した。

 これに対し、県選管書記長を務…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら