[PR]

 横浜市鶴見区の鶴見川河川敷で昨年暮れ、酒に酔った友人に暴行を加えたうえ、放置して死亡させたとして、神奈川県警は11日、区内に住む17歳の高校3年の男子生徒3人を暴行と保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕し、発表した。いずれも容疑を認めているという。

 県警少年捜査課によると、3人は同区市場下町の鶴見川橋の下で、昨年12月23日の午前0時から6時40分の間に、区内に住んでいた男子専門学校生の山口亘(わたる)さん(当時17)に酒を飲ませ、寝込んだところを殴ったり蹴ったりしたうえ、川に落としては引き上げる暴行などを繰り返し、動けない状態になったのに救護せずに放置して水死させた疑いがある。

 4人は中学の同級生。22日夜に焼酎やウォッカ、缶ビールを買い、23日午前0時ごろから鶴見川橋の下で飲酒を始めた。山手線の駅名などを順番に言い、間違えたら罰を受ける「山手線ゲーム」で、罰として酒を飲む遊びをしていて、山口さんは多く負けて酒を飲まされたという。

 逮捕された少年らは、県警の任意の聴取に対し、「最初は起こすためにたたいた」と説明。「川に顔をつけて起こそうとしたが、起きなかったので川に落とした」とも話しているという。また、1人が「このままだとやばい。救急車を呼ぼうか」と提案したが、他の1人が「酒を飲んでいたのがばれる」と拒み、そのまま放置したという。

 12月26日に山口さんの母親が行方不明者届を鶴見署に提出。今年1月7日に約114メートル上流で、川のゴミなどを集めるネットに引っかかっていた遺体を工事関係者が発見した。満潮時に流されたとみられる。司法解剖の結果、死因は水死。外傷はあったが、暴行によるものかは不明という。

 放置された場所は川から約2・7メートルの護岸とみられる。山口さんは放置された後に低体温症になり、意識がもうろうとしたまま過って川に転落して水死したと県警はみている。12月23日午前6時の付近の気温は3・7度だったという。(黒石直樹、興津洋樹)