[PR]

 県立校ながら生徒を全国から募集し、今年度からスタートする中高一貫の全寮制男子校、鹿児島県立楠隼(なんしゅん)中学・高校(山崎巧校長)の開校式と入学式が11日、同県肝付町の同校であった。1期生は中高合わせて計97人。このうち県外からは長野や沖縄などから計37人が入学した。

 全国からの生徒募集は、地域活性化につなげる狙いもある。中高一貫の公立全寮制男子校は全国で唯一。中学には定員通りの60人が入学。高校入学者は37人で、定員を23人割り込んだ。県外からの入学生は中学が28人、高校が9人だった。

 同校では難関大進学をうたう指導のほか、同じ肝付町の内之浦にはロケット発射場があることから、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携した「宇宙学」の授業もある。

 生徒や父母ら約600人が集ま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く