【動画】若桜鉄道に1日限りでSLが復活=柏樹利弘、村井七緒子撮影
[PR]

 鳥取県八頭(やず)、若桜(わかさ)両町を走る第三セクターの若桜鉄道(郡家〈こおげ〉―若桜間、約19キロ)で11日、蒸気機関車(SL)が走った。旧国鉄若桜線時代以来45年ぶり。鉄道ファンら約1万3千人(若桜鉄道発表)が訪れた。

 実験走行で1日限り。SLは1938年製の「C12形」(全長約10メートル)。2007年、JR西日本から無償譲渡され、若桜駅構内での体験運転などに使われてきた。このSLを含め、旧国鉄若桜線時代の1970年までSLが走っていた。

 本線走行に必要な「車籍」がないため、営業運転はできない。この日は、若桜―八東(はっとう)間でほかの列車を止め、約9キロを1往復。沿線住民が作ったかかしを乗せた。

 動力は圧縮空気を用い、ディー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら