[PR]

 今年3月8日の「国際女性デー」に合わせてセクハラ防止などを訴えようとした中国の女性活動家5人が、直前に各地で一斉に拘束された。穏健な活動に対する公安当局の強硬姿勢は、習近平(シーチンピン)指導部の市民運動に対する警戒感の表れと受け止められ、国際社会からも非難の声が高まった。そうした状況の中で13日、4人の釈放が確認された。

 拘束されたのは鄭楚然さん、王曼さんら20~30代の女性5人。男女の権利平等を求め、北京、浙江省杭州、広東省広州を拠点に活動してきた。5人は当初、故意に騒動を引き起こす「騒動挑発」容疑で身柄を拘束されたが、のちに「公共の秩序を乱した」という容疑に切り替わった。弁護士と支援者は13日、鄭さんと王さんを含む4人の釈放を明らかにした。残る1人の状況はわかっていない。

 女性たちは「セクハラをなくして、みんな安全に」「セクハラを捕まえろ、走れ警察」といったスローガンを書いたステッカーを公共交通機関の乗客に配ることを計画していたが、3月6~7日に連行された。

 中国では近年、性別による不平等をただす運動やジェンダー問題への主張が若い世代を中心に広がっている。拘束された女性らは、人材募集の際に「男性のみ」とした企業を告発する手紙を送る活動や、性的少数者LGBTの権利を守る取り組みを続けてきた。

 中心となってきた鄭さんは2年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら