[PR]

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトの五番勝負「電王戦FINAL(ファイナル)」は、棋士側の初の団体勝利で幕を閉じた。2年連続で負け越していた棋士側はソフトの特性を詳細に研究して入念な対策を講じ、「勝負師」として勝ちにこだわった。その舞台裏を探った。

 「一番勝算の高い形を選ぶべきだと思った」

 2勝2敗のタイで迎えた11日の第5局。阿久津主税(ちから)八段(32)は序盤、相手ソフトの弱点を突く作戦を採用した。ソフトがその作戦に誘導されたところで、勝ち目がないとみた開発者が投了を告げた。開始からわずか49分、21手で棋士側初の勝ち越しが決まった。

 対戦ソフトは事前に棋士側へ貸し出される。阿久津八段は貸し出された3、4日後、ソフトとの練習対局の中で弱点を見つけ、本番でぶつけた。

 第4局で最強ソフトの一つ、「ponanza(ポナンザ)」と戦った村山慈明(やすあき)七段(30)は、練習での勝率が1~2割だったといい、本番は「奇襲のような」戦型という「相横歩取り」に誘導した。対局場に駆けつけた棋士の一人は「この戦型なら勝てるチャンスがあるとみての一点狙い」と言った。

 「序盤は村山に聞け」と呼ばれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら