[PR]

 奈良県警は13日、世界遺産・薬師寺(奈良市)が管理する「孫太郎稲荷神社」で油のような跡が見つかったと発表した。各地では、寺社や城に油のような液体がかけられた跡が相次いで見つかっており、県警が確認を進めている。

 県警によると、巡回していた警察官が13日午前10時ごろ、孫太郎稲荷神社の社殿上がり口の階段付近で見つけた。12日に警察官が寺を見回った時点では異状はなかったという。