[PR]

 けれども、平岡へ行ったところで、三千代がむやみに洗い浚(ざら)い饒舌(しゃべ)り散らす女ではなし、よしんばどうして、そんな金が要(い)るようになったかの事情を、詳(くわ)しく聞き得たにしたところで、夫婦の腹の中なんぞは容易に探られる訳のものではない。――代助の心の底を能(よ)く見詰めていると、彼の本当に知りたい点は、かえって此所(ここ)に在ると、自(みず)から承認しなければならなくなる。だから正直をいうと、何故(なにゆえ)に金が入用(いりよう)であるかと研究する必要は、もう既に通り越していたのである。実は外面の事情は聞いても聞かなくっても、三千代に金を貸して満足させたい方であった。けれども三千代の歓心(かんしん)を買う目的を以て、その手段として金を拵(こしら)える気はまるでなかった。代助は三千代に対して、それほど政略的な料簡(りょうけん)を起す余裕を有(も)っていなかったのである。

 その上平岡の留守へ行き中(あ)てて、今日(こんにち)までの事情を、特に経済の点に関してだけでも、充分聞き出すのは困難である。平岡が家(うち)にいる以上は、詳しい話の出来ないのは知れ切っている。出来ても、それを一から十まで真(ま)に受ける訳には行かない。平岡は世間的な色々の動機から、代助に見栄(みえ)を張っている。見栄の入(い)らない所でも一種の考(かんがえ)から沈黙を守っている。

 代助は、ともかくもまず嫂に相…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも