[PR]

 大阪・ミナミのラーメン店が、アジアからの観光客でいっぱいだ。訪日観光客を対象にした調査では、おいしかった日本食1位にラーメンが輝くほど。熱を上げる観光客の期待に応えようと、170席を超えるラーメン専門ビルもオープンした。

 4月半ばの金曜の夜。雨の中、大阪・ミナミの幾つものラーメン店に行列ができていた。傘の下で台湾語やフィリピン語などアジア各地の言葉が飛び交う。

 「1~2時間お待ちいただくこともあります」

 福岡発祥の「一蘭(いちらん)」道頓堀店(大阪市中央区)には昨年、アジアからの観光客を中心に約40万人が来店し、売り上げは全52店舗でトップクラスだ。「のれんの前で撮影を楽しむ人も多く、店が一種の観光地化しています」と広報・宣伝担当の大松亮一さんは言う。

 16日には千日前商店街の5階建てビルを丸ごと使った一蘭道頓堀店屋台館がオープンした。2~5階に172の座席があり、2、3階は30席ずつの仕切り付きのカウンター、1階の土産物コーナーには大量購入に対応できるよう20セット入りラーメンも用意した。

 麺の硬さなどを指定する注文票や券売機は日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語をそろえた。「濃い味」は英語で「strong」、中国語で「厚重口味」だ。

 「1日の来店者の9割以上がアジア人観光客のこともある」と話すのは、しょうゆラーメン専門の金久右衛門(きんぐえもん)道頓堀店の大西隆次マネジャー(43)。昨年末から台湾や中国、韓国からの客が増え始め、2月以降の売り上げは昨年同月比1・5倍増が続く。「麺一つにしても日本は湯がき方など各店がこだわる。きめ細やかさが受けているのでは」

 2012年の国の調査では、大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら