[PR]

 脳梗塞(のうこうそく)を起こす大きな要因として、近年注目されている不整脈の一種「心房細動」は、肥満に、ちょっと高めの血圧が重なるだけで、なりやすさが1・7倍上がることを国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)がつきとめた。「ちょっと高めの血圧は、思いのほか危険なので、注意が必要」と呼びかける。

 心房細動は、心臓の一部がけいれんを起こした状態。これだけで命に関わることは多くないが、心臓内で滞った血液が固まり、脳に流れ込んで脳梗塞を起こす。脳梗塞の発症率を5倍上げるとされている。心房細動は自覚症状がないことが多く、早期発見には心電図検査が有効だ。

 どんな人が心房細動を起こしやすいのか、大規模集団を長期間追跡した研究は少ない。

 国循の小久保喜弘・予防健診部…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら