[PR]

瀧安寺「箕面富」

 今年で発売70周年の宝くじ。サマーに年末にと夢を買い続けているのに、億万長者になれないのは運がないからか……。宝くじ発祥の地が大阪にあると聞き、運気を上げるべく訪ねてみることにした。

 歴史を調べに「大阪宝くじドリーム館」(大阪市浪速区)へ。館によると、太平洋戦争末期の1945年7月、政府が軍費調達のため発行した「勝札」が宝くじ誕生のきっかけに。

 「8月25日の抽選日前に敗戦し、『負(まけ)札』と呼ばれました。でも、抽選はきちんとしたらしいです」と安藤孝二館長(59)。その後、復興資金を集めるために発行した「政府第1回宝籤(くじ)」が現在の宝くじの元になった。ただ、くじの元祖はもっと古く、その始まりが箕面市にある瀧安(りゅうあん)寺の富くじ「箕面富(みのおのとみ)」という。

 財福の神、弁財天を本尊とする…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも