【動画】日本初の屋外型レゴランド、名古屋港で着工式=高橋雄大、日高奈緒撮影
[PR]

 名古屋港で2017年春に開業予定のレゴランド・ジャパンの着工式が15日、建設予定地の金城埠頭(ふとう、名古屋市港区)で開かれた。ブロック玩具「レゴ」の屋外型テーマパークで、欧米などに六つあり、日本では初めて。アジアではマレーシアに次ぎ2番目になる。

 広さ9・3ヘクタールで計画され、乗り物やショー、シアターでレゴの世界を体感できる。世界のレゴランドには地元の名所を再現するエリアがあり、名古屋ではブロック約22万5千個で作る名古屋城が登場。周辺には食事や買い物ができる複合施設、ホテルもできる。

 着工式には、運営するマーリン・エンターテイメンツ社(英国)のニック・バーニー最高経営責任者(CEO)と河村たかし市長が出席。地元の幼稚園児と一緒に、山積みのブロックにくわ入れをして祝った。同社は年200万人の集客を見込んでおり、バーニー氏は「名古屋は東京にも大阪にも近く素晴らしい」と意欲を見せた。