[PR]

 神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件で、当時中学3年の少年を医療少年院送致にした神戸家裁の決定全文が「文芸春秋」に掲載されたことについて、公益社団法人「ひょうご被害者支援センター」は15日、発行元の文芸春秋(東京)に雑誌の回収を求める抗議文を送った。

 同センターは、事件で次男(当時11)を亡くした土師(はせ)守さん(59)が監事を務める。抗議文では「非公開であるべき文書を公益的観点から特段の必要性も認められないのに公表した」と批判。「平穏な生活を取り戻しつつある遺族に、重大な二次被害を与える」として、速やかに回収するよう求めている。

 また当時決定を出し、決定全文を共同通信の編集委員に提供した元神戸家裁判事の井垣康弘弁護士(大阪弁護士会)にも「元裁判官の守秘義務に違反している」などとする抗議文を送った。

 文芸春秋は「文書が届き次第、対応を検討する」とコメント。井垣弁護士は「決定書は秘密の文書ではなく、新たに被害者を傷つけるものでもありません」との談話を出した。