[PR]

 米財務省が15日発表した今年2月の国際資本統計で、日本の米国債の保有額が中国を抜いて首位になった。日本がトップになるのは金融危機が起きた2008年8月以来、6年半ぶり。日本の金融緩和や、中国の為替政策の変化などが背景にあるとみられる。

 米財務省によると、2月末の日本の米国債の保有額は1兆2244億ドル(約145・7兆円)で、中国の1兆2237億ドル(約145・6兆円)を上回った。昨年2月末では、中国の保有額が1兆2729億ドルだったのに対し、日本は1兆2108億ドルだった。

 日本は金融緩和で市場に大量のお金が流れ、金利が下がるなか、日本国債より利回りの高い米国債にお金が流れているもようだ。一方、景気が減速する中国は、お金が外国に流れ出る動きがでており、政府が最近、米国債などを売って人民元を買う介入に踏み切ったとされる。米国債の海外投資家による保有額は約6兆ドルで、日中だけで約4割を占める。(ワシントン=五十嵐大介