[PR]

 アシアナ航空機の事故で、現場となった広島空港(広島県三原市)は標高300メートル超の高台にあり、気流が乱れやすく、霧が発生しやすい空港だった。霧を理由にした欠航が相次ぎ、計器着陸装置(ILS)が導入された経緯があった。

 広島空港は1993年10月に開港した、中国地方では唯一の国管理の空港だ。山を切り開いて造成されたため、標高は331メートル。国土交通省によると、管制官がいる空港では日本で一番、標高が高いという。

 開港当初は2500メートルだった滑走路は2001年に3千メートルに延ばされた。国内・国際線をあわせた年間利用者数は、14年度で271万人。02年度には過去最高の344万人が利用した。国内線は5路線で週175便、国際線は4路線で週28便が現在運航している。

 広島県によると、空港周辺は霧…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら