[PR]

 吹奏楽の名指導者として知られる藤重佳久さん(60)が4月、長崎市の活水女子大音楽学部教授に就任した。活水学院の音楽監督として大学と活水中・高の吹奏楽部を指導する。16日に大学で記者会見し、「他校の指導者とも勉強できたらいい」と長崎の吹奏楽発展への思いを語った。

 藤重さんは1980年ごろから福岡市の精華女子高吹奏楽部の指導を始めた。当初、5人だった部員は今や約160人となり、吹奏楽の甲子園と言われる全日本吹奏楽コンクールで10回、金賞に輝いた。昨年はCDも発売し、ゴールドディスク大賞を受賞した。

 今年3月末で精華女子高を定年退職することを知った活水学院が招いた。藤重さんは「これまでと全く違うところで自分の力を試すいい機会と思った」と話す。

 活水中・高吹奏楽部はこれまで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら