[PR]

 2027年の開業を目指して、山梨県の山梨リニア実験線で走行試験が繰り返されているリニア中央新幹線が16日、鉄道として最高速度となる時速590キロを記録した。これまでは2003年に記録した581キロが最高で、ギネス世界記録(有人走行)に登録されていた。

 車両は営業用に開発された最新の「L0系」。JR東海によると、この日は車両性能の確認などのために速度を上げ、時速590キロで19秒、3・1キロを走ったという。7両編成で技術者29人が乗っていた。

 JR東海は今月21日の走行試験では時速600キロを予定している。達成できれば、ギネス世界記録として再び申請するという。

 1997年4月に始まったリニ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら