[PR]

 平岡は不在であった。それを聞いた時、代助は話していやすいような、また話してい悪(にく)いような変な気がした。けれども三千代の方は常の通り落ち付いていた。洋燈(ランプ)も点(つ)けないで、暗い室(へや)を閉(た)て切ったまま二人で坐っていた。三千代は下女(げじょ)も留守だといった。自分も先刻(さっき)其所(そこ)まで用達(ようたし)に出て、今帰って夕食(ゆうめし)を済ましたばかりだといった。やがて平岡の話が出た。

 予期した通り、平岡は相変らず奔走している。が、この一週間ほどは、あんまり外へ出なくなった。疲れたといって、よく宅(うち)に寐(ね)ている。でなければ酒を飲む。人が尋ねて来ればなお飲む。そうして善く怒る。さかんに人を罵倒(ばとう)する。のだそうである。

 「昔と違って気が荒くなって困…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも