[PR]

 アシアナ航空(本社・ソウル)の金秀天社長が17日午前、広島県庁を訪れ、高垣広徳副知事に事故について謝罪した。5月1日以降に広島路線の運航を再開する意向を示した。

 金社長は高垣副知事に「被害にあったお客様に対して申し訳なく思っている。広島空港の閉鎖で利用のお客様や航空会社に迷惑をかけた」と述べた。その後、報道陣に「事故を受けて安全に万全を期して運航できるよう努力していく。安全が確保でき次第、広島路線を再開したい」と話した。(清水謙司)