[PR]

 インターネットバンキングの不正送金に絡み、警視庁が押収した中継サーバーからネット利用のためのIDとパスワード(PW)など約506万件が見つかった事件で、正規の利用者になりすまして不正ログインを試みる「攻撃ツール」が中国語で作られていたことが17日、同庁への取材でわかった。同庁は、中国の犯罪グループが他人のID・PWを使って不正にアクセスしていたとみている。

 サイバー犯罪対策課によると、攻撃ツールは警視庁が昨年11月に東京都内のサーバー管理会社から押収したサーバーにあった。ネット上で使われるIDとパスワード(PW)約506万件のほか、名前や生年月日、電話番号、クレジットカード番号もあった。流出元はわかっていないが、大半が日本人の情報とみられる。

 攻撃ツールは、大手ショッピングサイトや無料通信アプリに手当たり次第にIDとPWを入力する仕組みで、実際に約5万9千件でログインに成功していた。

 不正アクセス禁止法違反罪など…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら