[PR]

 JRと大手私鉄を対象にした朝日新聞社のアンケートでは、宝塚線事故を機に、より安全に目を向けるようになった鉄道各社の姿がうかがわれる。だが、ハード、ソフト両面で対策を講じても、それだけでは不十分だ。最近も、都心の大動脈とされる路線であわやの事故が発生。課題を浮き彫りにした。

 3月28日、JR山手線(東京)を今秋から走る新型車両「E235系」がお披露目された。紙の中づり広告がなくなると話題になったが、安全性も画期的な仕組みで向上させた。

 レーシングカーで車内にパイプを組んで枠を作り、ドライバーの安全を守る「ロールバー」の導入だ。製造した総合車両製作所(横浜市)によると、ロングシートの端から伸びる縦の手すりと荷棚、つり革をつるす棒を一体化し、車内を覆うようにした。外から強い力が加わっても車両の変形を抑え、乗客を守る。

 朝日新聞社のアンケートには、車体を二重のアルミで造る(JR九州、西武鉄道など)▽骨組みをリング状に配置する(東急電鉄)など、各社とも宝塚線事故後、強度を高めた車両を導入していると回答した。

 車両が変形しなくても、衝撃で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら