[PR]

 17日午後2時15分ごろ、茨城県取手市宮和田で下水道工事をしていた男性から「土砂やコンクリートが崩れ、作業員が生き埋めになっている」と119番通報があった。取手署によると、同県守谷市百合ケ丘、建設会社役員高島和彦さん(61)が約1時間40分後に救出されたが、外傷性窒息で死亡した。

 消防や署によると、現場は住宅街の一角にある県道沿いの歩道。高島さんら2人が、掘った穴(幅1・6メートル、長さ2・3メートル、深さ1・5メートル)の中で下水管の埋設工事をしていた。穴の東側は土留めをしていたが、崩れた西側はしていなかったという。署は業務上過失致死の疑いもあるとみて調べる。

 作業員の一人は取材に対し「雨が強くなってきて、そろそろ作業を中断しようかと話していた矢先だった」と話した。