[PR]

(18日、フィギュアスケート世界国別対抗戦最終日)

 トゥクタミシェワは、冒頭の3回転半をスムーズに成功させた。2点(満点は3点)の加点がつくほど、出来栄えが良かった。予定より回転数が少なくなったジャンプがあっても1位を確保。フリー2位となった16歳のラジオノワと共に、過去4位が最高だったロシアを銀メダルに導いた。

 女子の国際大会で3回転半を決めたのは6人。今季休養した浅田真央の代名詞でもある。世界選手権に続き、この大技を決めたトゥクタミシェワは「うまくいく時も、いかない時も挑戦した浅田選手の精神は素晴らしい」と敬意を表す。

 まだ18歳の世界女王。「練習する度に(3回転半は)当たり前のジャンプになってきている」と自信を深めており、来季はさらなる成長が期待できる。

こんなニュースも