[PR]

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は19日、東京・代々木競技場でエキシビションがあった。3位に入った日本チームの選手も、華やかな滑りを見せ、来季への展望を語った。

 ショートプログラム(SP)、フリーとも1位だった男子の羽生結弦(ANA)は、金メダルに輝いたソチ五輪のSPで使った「パリの散歩道」を披露。フィナーレでは、4回転ループにも挑戦した。来季に向け、「(今季できなかった)フリーで4回転ジャンプを3回跳びたい」と目標を掲げた。

 世界選手権銀メダルの宮原知子(大阪・関大高)も、大声援を受けて軽快な踊りを披露。「海外の選手みたいにプログラムの主人公になりきりたい」と、さらなる飛躍を誓った。

 無良崇人(HIROTA)、村上佳菜子(中京大)もエキシビションに参加。無良は「来季は4回転サルコーを入れたい」。村上は「陸上トレーニングで筋力を付けたい」と語った。

こんなニュースも