[PR]

 千葉県立薬園台高校(船橋市)の30代の男性教諭が校内で子猫を生き埋めにした問題で、県警は20日、この教諭を動物愛護法違反の疑いで書類送検した。

 県警によると、教諭は3月6日午後、同校の敷地に掘った穴に、子猫5匹を埋めて死なせた疑いがある。

 県警と同校の説明では、子猫は生まれたばかりとみられ、教諭が午前に校内で見つけた。男子生徒3人に目的を告げないままスコップを用意させたり、穴を掘らせたりした後、教諭が1人で埋めたという。