[PR]

 大手コンビニエンスストア10社の3月の既存店売上高は、前年同月より2・8%減った。減少は12カ月連続。日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した。

 前年は消費増税前のたばこなどの駆け込み需要があり、その反動が出た。ただ全国的に平均気温が高かったため、来店客数は増えた。いれたてコーヒーなどカウンターで売る商品や総菜も好調だった。

こんなニュースも