[PR]

 2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の走行試験が続く山梨リニア実験線(山梨県)で21日、最新型車両L0(エルゼロ)系が、鉄道の有人走行として世界最速の時速603キロに到達した。16日に自ら記録した世界記録の時速590キロを更新した。JR東海は、ギネス世界記録に登録を申請する。

 同社によると7両編成で社員49人を乗せ、21日午前10時48分に時速603キロに到達した。600キロ以上で10・8秒間、1・8キロを走ったという。

 営業時の最高時速は500キロだが、より高速で走った場合の空気抵抗や電力消費量などを調べ、技術向上につなげるのが狙い。乗車した山梨実験センターの遠藤泰和所長は「乗り心地もよく、安定していた。データ解析を進め、車両などの設計に生かしたい」と話した。高速域でのデータ収集にめどがついたとして、これ以上高速での走行試験は考えていないとしている。

 同社のリニアは03年に時速581キロを出し、自ら持っていた1999年の時速552キロの最高記録を更新。今月16日には時速590キロに達した。世界2位はフランスの高速鉄道TGVで、07年の試験車両による時速574・8キロという。

 リニア中央新幹線は27年に東京・品川―名古屋間で開業を目指す。今年中に本格工事に入る予定。(東郷隆、小渕明洋)