[PR]

 村山富市元首相は21日、安倍晋三首相が戦後70年の節目に出す「安倍談話」に関して、「(首相は)『植民地支配と侵略』という言葉を使いたくない。『なぜ日本だけ謝らなければいけないのか』という気持ちがあるのではないか」と批判した。

 東京都内の講演で語った。首相が20日のテレビ番組で、「村山談話」の「植民地支配と侵略」などの文言について「同じことを入れるのであれば談話を出す必要はない」と発言したことを受けたものだ。

 さらに、村山氏は「(首相は植民地支配と侵略などを)認めたくないということが腹の中にあるから、触れたくない。そういうところが疑われて注目されている」とも語った。

 民主党の細野豪志政調会長も21日の会見で、村山談話の「痛切な反省」「心からのおわび」について「安倍首相は『反省』と『おわび』の部分を自身の口から言いたくないのだろう」と批判。「もう一度、きちっと書き込んだほうがいい」と指摘した。

こんなニュースも