[PR]

 奈良県の寺社などに油のような液体がかけられた事件で、県警が県内8寺社で採取した液体から同種の油が検出されたことが21日、捜査関係者への取材でわかった。このうち4寺の防犯カメラに同一人物とみられる不審な男が映っており、県警は同一犯の可能性が強まったとみて調べている。

 奈良県警は、これまでに県内19寺社で被害を確認。このうち信貴山朝護孫子寺(しぎさんちょうごそんしじ、平群町)や長谷寺(はせでら、桜井市)など8寺社の液体から動植物系の油を検出したという。朝護孫子寺では3月下旬、本堂前のさい銭箱付近で液体をまくような不審な動きをする男が防犯カメラに映っていたことが判明。その翌日には岡寺、飛鳥寺(以上、明日香村)、長谷寺でも、よく似た人物が防犯カメラに映っていたことがわかったという。

 捜査関係者によると、防犯カメラに映っていた男は成人とみられ、フード付きの上着を着てカメラを肩などから下げていたという。県警はこの男が、早い段階で被害が確認された一連の事件にかかわった疑いがあるとみて、文化財保護法違反などの疑いで捜査を進めている。(荒ちひろ)