[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設関連作業を止めるよう、翁長雄志(おながたけし)・同県知事が沖縄防衛局に出した指示の取り消しを求め、防衛局長が林芳正農林水産相に審査請求したことに対し、翁長氏は22日、反論する弁明書を林農水相に送った。翁長氏は国が求めた審査を国が担う構図について「公平性が疑問視される。審査請求自体が茶番劇になるのでは」と批判した。

 弁明書では、県の指示は「防衛局が主張する行政処分ではなく行政指導」などとして「審査請求自体が成立し得ない。却下されるべきだ」などと主張した。記者会見した翁長氏は、防衛局による辺野古沖での大型ブロック投下は「水産資源の保護培養を明らかに軽視するものだ」と訴えた。

 翁長氏は3月、防衛局のブロッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも