【動画】首相官邸屋上に落下した「ドローン」を調べる捜査員たち=野津賢治、長島一浩撮影
[PR]

 警視庁は22日、首相官邸に落ちているのが見つかった小型無人飛行機(ドローン)から放射性物質のセシウムに由来する放射線が検出されたと発表した。同庁は威力業務妨害などの疑いがあるとみて、捜査本部を設置する。

 公安部によると、ドローンに付いていたプラスチック容器付近からセシウム134とセシウム137由来の放射線を検出。線量は最大で毎時1・0マイクロシーベルトだった。人体には直ちに影響はないという。

関連ニュース