[PR]

 よく使われるエイズ治療薬の一つが、日本人に多い成人T細胞白血病(ATL)のがん細胞を殺す働きがあることを京都大のグループが見つけた。今のATLの治療は薬も骨髄移植も効果が限られる。グループは、この薬が新たな治療法になるか確かめる臨床研究を今秋にも始める。

 研究成果は米科学誌サイエンス・アドバンシズに25日発表する。ATLは、白血球の一種の「T細胞」に「HTLV―1」というウイルスが感染して起きる。母親から子へ母乳で感染したりし、発症すると感染した細胞が異常に増殖して全身に広がる。国内の感染者は約108万人で、うち5%ほどが発症する。

 エイズも同じタイプのウイルスが原因で、感染した細胞で自身の遺伝情報を持つDNAを合成して増える。ATLにも効くエイズ治療薬がないか、グループは培養したATL細胞で様々な薬を試すと、ウイルスがDNAを合成することを妨げる「アバカビル」に最も高い効果がみられた。

 この薬は、細胞に元々ある染色…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも