[PR]

 24日午前3時45分ごろ、北海道砂川市東3条北1丁目で、JR函館線の下を通る市道(1車線)に「コンクリートが落ちている」と、近くを通りかかったタクシーの運転手から110番通報があった。けが人はいなかった。

 道警砂川署などによると、落下したのは、線路から土砂などが道路に流れ落ちるのを防ぐための「土留め板」で、長さ2・4メートル、高さ50センチ、奥行き30センチ、重さは300キロ。土留め板には金属製のフェンスも取り付けられており、市道に一緒に落ちていたという。同署は市道を通行止めにして原因などを調べている。