[PR]

 愛知県豊川市で暮らすネパール人夫婦が、政府に難民として認定されていたことが代理人の弁護士への取材でわかった。ネパール人による認定申請は急増しており、昨年は国籍別で最多。全国難民弁護団連絡会議(事務局・東京)によると、ネパール人の難民認定は日本では初めてという。

 代理人の笹尾菜穂子弁護士によると、認定されたのはケーシー・ディパックさん(35)と妻(25)。ディパックさんは国王派と言われる政党の党員で、対立する共産党毛沢東主義派(毛派)に家を焼かれたり、暴行されたりしたという。

 2007年1月に観光ビザで来日し、そのまま滞在。10年10月、名古屋入国管理局に難民認定を申請したが、「(ネパールで)和平プロセスが進んでいる」などの理由で認められなかった。11年5月に異議を申し立て、有識者の難民審査参与員の意見も踏まえ、今年3月27日付で認定されたという。

 法務省によると、昨年は過去最多の5千人が難民認定を申請したが、認められたのは11人だった。ネパール人は国籍別で最多の1293人が申請していた。笹尾弁護士は「昨年末から『偽装難民』などの言葉が使われるようになり、ネパール人はその主要例とされていた。今回の決定は、ネパール人といえども、難民の可能性があることを示すもので大きな意義がある」と話している。