[PR]

 何か事が起ったのかと思って、上(あが)り掛(が)けに、書生部屋を覗(のぞ)いて見たら、直木(なおき)と誠太郎がたった二人で、白砂糖を振り掛けた苺(いちご)を食っていた。

 「やあ、御馳走(ごちそう)だな」というと、直木は、すぐ居ずまいを直(なお)して、挨拶(あいさつ)をした。誠太郎は唇の縁(ふち)を濡(ぬ)らしたまま、突然、

 「叔父(おじ)さん、奥さんは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも