[PR]

 代助は風を恐れて鳥打帽(とりうちぼう)を被(かぶ)っていた。風は漸(ようや)く歇(や)んで、強い日が雲の隙間(すきま)から頭の上を照らした。先へ行く梅子と縫子は傘を広げた。代助は時々手の甲を額(ひたい)の前に翳(かざ)した。

 芝居の中では、嫂も縫子も非常に熱心な観客(けんぶつ)であった。代助は二返目の所為(せい)といい、この三(さん)、四日来(よっからい)の脳の状態からといい、そう一図に舞台ばかりに気を取られている訳にも行かなかった。絶えず精神に重苦しい暑(あつさ)を感ずるので、しばしば団扇(うちわ)を手にして、風を襟(えり)から頭へ送っていた。

 幕の合間に縫子が代助の方を向…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも