[PR]

 代助(だいすけ)は嫂(あによめ)の肉薄を恐れた。また三千代(みちよ)の引力を恐れた。避暑にはまだ間(あいだ)があった。凡(すべ)ての娯楽には興味を失った。読書をしても、自己の影を黒い文字(もんじ)の上に認める事が出来なくなった。落付いて考えれば、考えは蓮(はす)の糸を引く如くに出るが、出たものを纏(まと)めて見ると、人の恐ろしがるものばかりであった。しまいには、かように考えなければならない自分が怖くなった。代助は蒼白(あおしろ)く見える自分の脳髄を、ミルクセークの如く廻転(かいてん)させるために、しばらく旅行しようと決心した。始めは父の別荘に行くつもりであった。しかし、これは東京から襲われる点において、牛込(うしごめ)におると大した変りはないと思った。代助は旅行案内を買って来て、自分の行くべき先を調べて見た。が、自分の行くべき先は天下中どこにもないような気がした。しかし、無理にもどこかへ行こうとした。それには、支度を調(ととの)えるに若(し)くはないと極(き)めた。代助は電車に乗って、銀座(ぎんざ)まで来た。朗(ほがら)かに風の往来を渡る午後であった。新橋の勧工場(かんこうば)を一回(ひとまわり)して、広い通りをぶらぶらと京橋(きょうばし)の方へ下(くだ)った。その時代助の眼には、向う側の家が、芝居の書割(かきわり)のように平たく見えた。青い空は、屋根の上にすぐ塗り付けられていた。

 代助は二、三の唐物屋(とうぶつや)を冷(ひや)かして、入用(いりよう)の品を調えた。その中に、比較的高い香水があった。資生堂(しせいどう)で練歯磨(ねりはみがき)を買おうとしたら、若いものが、欲しくないというのに自製のものを出して、頻(しきり)に勧(すす)めた。代助は顔をしかめて店を出た。紙包(かみづつみ)を腋(わき)の下に抱(かか)えたまま、銀座の外(はず)れまで遣(や)って来て、其所(そこ)から大根(だいこん)河岸(がし)を回って、鍛冶橋(かじばし)を丸の内へ志(こころざ)した。当(あて)もなく西の方へ歩きながら、これも簡便な旅行といえるかも知れないと考えた揚句(あげく)、草臥(くたび)れて車をと思ったが、どこにも見当らなかったのでまた電車へ乗って帰った。

 家(うち)の門を這入(はい)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも