[PR]

 代助はその夜(よ)九時頃平岡の家を辞した。辞する前、自分の紙入(かみいれ)の中にあるものを出して、三千代に渡した。その時は、腹の中で多少の工夫を費やした。彼は先(ま)ず何気なく懐中物(かいちゅうもの)を胸の所で開けて、中にある紙幣を、勘定もせずに攫(つか)んで、これを上げるから御使なさいと無雑作(むぞうさ)に三千代の前へ出した。三千代は、下女(げじょ)を憚(はば)かるような低い声で、

 「そんな事を」と、かえって両手をぴたりと身体(からだ)へ付けてしまった。代助はしかし自分の手を引き込めなかった。

 「指環を受取るなら、これを受…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも