[PR]

 東京メトロの地下鉄駅構内の売店「メトロス」の少なくとも約3分の1が、コンビニ大手ローソンの店に切り替わることになった。全140店のうち客数の多い駅を中心に約50店を今秋から2、3年をめどに転換し、残る約90店についても切り替えを検討していく。

 両社が27日発表した。新店舗では、おにぎりや日用品など通常のローソンの商品を扱う。外国人観光客向けの商品もそろえる。営業時間は現在のまま引き継ぎ、一部を除き午前7時から午後10時。日曜や祝日は定休日とする方向だ。

 ローソンはすでに東京メトロの駅構内で通常の「ローソン」5店、健康志向の商品を扱う「ナチュラルローソン」3店を営んでおり、客足は順調という。一方の「メトロス」は、商品の仕入れ先の開拓や新商品の開発が東京メトロにとって重荷になっており、ローソンとの提携をさらに強めることにした。

 コンビニ各社は鉄道各社と協力…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら